TOPスポンサー広告 ≫ 映画けいおん!TOPアニメ・ゲーム ≫ 映画けいおん!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん!

劇場版けいおん!


タイトル通り、今日はけいおんの映画を観てきました!私が行った映画館では、なんと2つのスクリーンで上映中。しかもメインはその映画館で1番大きいスクリーンでした。前方にはちょっとしたステージがあって、舞台挨拶にも使われるスクリーンなんですよね。この対応からして、けいおんは完全にイチオシ映画なんだなぁと思いました。いや…観に来る層やリピート特典など、諸々考えると妥当な判断だとは思いますが(笑)

そんなこんなで。美容室の予約に合わせる都合上、お昼頃からの回を観る事に。ギリギリに入ったので定かではないのですが、20人ぐらいはいた…かな?レディースデーだったので女性が多めでした。席は上段より少し下のど真ん中。後方にいた男性グループの会話がちょっと心配でしたが、本編上映中はそういった事なく快適に観れました。以下反転でネタバレ含む感想。ぶっちゃけ辛口に感じると思います。「感想は人それぞれ」という事でご容赦ください。

元々がゆったりが魅力なアニメなので、そういう点については覚悟して観ました。が、そう思って観てもちょっと辛かった…かな。卒業旅行が主なのか、天使にふれたよ!のくだりが主なのか。後者を主とした場合、旅行は挟む必要あったのか。勿論、いつも通りの可愛い5人が見れるのは嬉しいし、どこ行っても変わらないなぁと安心してニヤニヤできる。ただ、梓へ送る曲について考える流れがいつも唐突。とってつけた感が否めない。観ている時に「話の流れがブツ切れだな…」と感じてしまう。上手く流れに組み込めていない感じ。旅行後に展開される、曲が出来ていく過程、最後の教室ライブ、屋上シーン、そして天使にふれたよ!の流れ。ぶっちゃけそこだけで事足りるんじゃないかな。この後半が本当に良かったせいか、「おしまい」と出た瞬間、「え、これで?」と思ってしまった。旅行中からじわじわと盛り上がりに向けた下準備を入れていれば(いや、一応入ってはいるんだけど)、全然印象が違ったと思う。

1時間ちょっとの卒業旅行と、30分ちょっとの天使にふれたよ!に至る先輩側視点。それが抱き合わさった約2時間。個人的には、”映画でやる必要”はあったのか?と疑問を抱く内容に感じました。区切って見ればそれぞれの楽しみ方(とにかくキャラかわいいよハァハァ/ちょっとしんみり)で見れると思う。話を考えた方の制作の仕方がアニメと同じだったのかもしれないなぁ…。EDも完全にアニメ仕様の映像だし。映画としてもっと綺麗にまとめてくれると思っていたので、その部分では期待はずれでした。

おもいっきり悪い点ばかりあげてしまいましたが、場面の一つ一つが丁寧で作り手の愛はひしひしと伝わってきます。キャラもやる事なす事すべて可愛くてそっちの点では大満足でした。あと、ネット上でハズレフィルムとしてあげられてたシーンを見ると、どうしても反応してしまったり(笑)ゆいあずがプッシュされてる感はありますが、だからといって他がおざなりという感じはしませんでした。けいおんはとりあえずこれで一区切りなのかな?原作は続いているようなので、もしかしたら間を空けてまた何かやるのかもしれませんね。

プロフィール

風沙

Author:風沙
twitterID:fushamemo

ときどき絵を描いたりします。
ラブライブ!は希、モバマスは姫川、艦これは北上さま、東方は早苗

◎Pixiv
東方:id542029
他ジャンル:id6396873

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
--Powered--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。